家族葬とは


 

家族葬は礼儀的な弔問はうけないということであり、葬儀を通知する範囲を家族や友人などに定めて少人数の葬儀をすることです。

この場合、故人の遺言などの理由で身内だけの葬儀を望んでいたことなどをご近所などにお知らせして、弔問を控えていただきたい旨を伝えておくとよいでしょう。

後日、挨拶状をだして、内々だけで家族葬を行ったことをお伝えするとよいでしょう。

 

   メリット              

 

□費用を抑えることができます


一般的な葬儀をするとなると、五島の場合ご友人、職場の方、ご近所の方が弔問にいらっしゃいます。そのため、大きなホールを使い祭壇も大きなものを準備しなければなりません。人数が多くなると必然的に葬儀の費用が多くかかります。

 

 

□故人とゆっくりお別れをすることができます


家族葬では、葬儀の通知を親族・ごく少数のご友人に範囲を定めることで弔問客の対応に追われることがありません。

精神的にも身体的にも負担をかけず、故人を偲ぶことができます。

 

 

□形式にとらわれない葬儀ができます


参列者はほぼ親族のみなので、外部のことを気にすることなく自由に葬儀を行うことができます。

 

 

□参列者の数が予想できる


一般葬の場合参列者数が予想できないため、予算もいくらかかるのか不明瞭なことがあります。しかし、家族葬の場合日程を知らせた方のみながいらっしゃるので、人数を把握することが可能です。

  

         

   デメリット             

  

□親族の理解


葬儀となるとたくさんの方に来てもらうという方もいらっしゃいます。家族葬をご希望であるなら、上記のメリットや故人の意思ということを説明しておけば問題はないと思います。

 

□ご近所の理解


五島ではご近所付き合いがあります。葬儀はご近所の方で助け合って行うという慣習が残っていることもあります。ですので、身内だけで葬儀を行うことに違和感を覚える方もいるかもしれません。葬儀後に挨拶状を出すなどで報告することも可能ですし、故人の意思だということを説明すると納得して頂けると思います。

 

 

 

24時間365日対応 ご相談・ご依頼

 

 

0959-88-9551